済南市にシステム開発サービスを提供する新拠点を設立

中国の済南市にシステム開発サービス拠点「済南大宇宙信息創造有限公司(以下、済南センター)」を設立しました。中国におけるシステム開発拠点は天津、蘇州、広州、深圳、瀋陽があり、今回の済南センター開設によって6拠点となります。
済南市(さいなんし/チーナンし)は中国山東省の省都として省内の通商、政治、文化の中心としての地位を占めています。省都のため、多くの高等教育機関が済南に集まっています。また、新幹線利用で北京から1時間50分、天津から1時間10分、上海から2時間50分という好立地でもあり、人材環境と地理的条件の両面において非常に優れた環境です。
2015年10月15日には、済南市副市長、市商務委員会主任、長青区政府管理層、日本および現地のパートナーが出席し、開所式を開催しました。
右:トランスコスモス 代表取締役会長兼CEO  船津康次
左:済南大宇宙信息創造有限公司 総経理 張 磊

IMG_1658_副本

IMG_1780_副本

IMG_8694_副本