中国ソフトウェア輸出とアウトソーシング企業トップ15に選ばれる

中国ソフトウェア輸出とアウトソーシング企業トップ15に選ばれる

2007年5月11日
トランスコスモス株式会社
2007年5月11日、「中国ソフトウェア産業協会」と『中国ソフトウェア輸出入』誌共催の「2006年中国ソフトウェア輸出とアウトソーシング企業トップ15」ランキングが発表され、大宇宙信息創造(中国)有限公司(本社:中国天津市;董事長兼総経理:中山国慶;以下大宇宙)がソフトウェア輸出第13位及びアウトソーシング第14位に選ばれました。このランキングは、中国ソフトウェア分野のブランド企業を表彰するために設けられたもので、今回は第3回。大宇宙社副総経理の姜志義氏が受賞式に出席、本江氏は同時に開催されたフォーラムで、『日中間アウトソーシングWin-win関係を実現する為の提案』を発表しました。

大宇宙董事長兼総経理中山国慶氏は、今回我が社は、すばらしい業績と飛躍的な発展により専門家から高い評価を受けたが、これは今後事業拡大し、高品質のサービスを提供し、海内外市場競争に参加していくうえで確固たる基盤となるであろうとコメント。

中国軟件産業協会:http://www.csia.org.cn
中国軟件と服務外包網:http://www.cnies.com

大宇宙、中国ソフトウェア輸出とアウトソーシング企業トップ15に選ばれる
大宇宙、中国ソフトウェア輸出とアウトソーシング企業トップ15に選ばれる
大宇宙、中国ソフトウェア輸出とアウトソーシング企業トップ15に選ばれる

報道関係問合せ先:
大宇宙管理本部広報部
pr@trans-cosmos.com.cn