”大宇宙助学金”、中国天津市3校大学での第3回給付を実施

”大宇宙助学金”、中国天津市3校大学での第3回給付を実施

2008年12月22日
トランスコスモス株式会社
大宇宙信息創造(中国)有限公司(本社:中国天津市;董事長兼総経理:中山国慶;以下大宇宙)は2008年12月、「第3回大宇宙助学基金」給付を行った。対象大学は、中国天津市の天津大学、南開大学、天津理工大学の3校。

「大宇宙助学基金」は、経済的な理由で学習が困難な優秀大学生を支援するため、2006年に設立したのもで、給付を実施するのは今年が3回目。各校の計算機学部、日本語学部の学生15名を給付対象者に選定した。

天津大学、南開大学、天津理工大学は、ともに中国トップレベルの著名大学で歴史も長い。現在、大宇宙にも各校を卒業した優秀な中国人や日本人留学生が多数在籍し、活躍している。

今回の助学基金のほか、大宇宙ではかねてより、天津各大学スポーズイベントのスポンサーや地元中学校への教育援助交流など、「教育事業と人材育成」支援を中心に社会貢献活動を幅広く行ってきた。

“大宇宙は優れたITサービスの提供に止まらず、中国社会に根ざし、地域とともに持続的に発展する、信頼される企業市民であるための日々の活動を展開しています。未来を担う若者や中国社会にイノベーションを生み出す一助となることを祈っております “。各大学が主催した授賞式で、大宇宙董事長兼総経理中山国慶がコメントした。

”大宇宙助学金”、中国天津市3校大学での第3回給付を実施
”大宇宙助学金”、中国天津市3校大学での第3回給付を実施
”大宇宙助学金”、中国天津市3校大学での第3回給付を実施

報道関係問合せ先:
大宇宙管理本部広報部
pr@trans-cosmos.com.cn